Skip to content

ガソリンの料金 VS 電気料金

8月 12, 2010

電気料金の価格表を見ると何となく安いような気がするのですが、請求書を見ると「高い」と思ってしまします。そこで、ガソリン料金と比べるとどうなのか試算してみました。つまり、自家発電機をまわした時のガソリン代と電力会社の電気代を比べてみたわけです。

計算の前提(想定)は以下の通り。

エネルギー量 : 120kW/h
ガソリンの価格: 130円/リットル

<発電機>
20A以上の電流が取れるもので考えて、ホンダの EU24i http://www.honda.co.jp/generator/products/eu24i.html を選んでみました。

カタログ値で、
定格出力: 2.4A
最大連続運転時間: 25時間
タンク容量: 12.7L

とあるので、12.7Lのガソリンで2.4Aの出力を25時間取れるとしました。実際は、そんなに燃費が良くないだろうと思いつつ、燃費のデータもないので、カタログ値を採用としました。
するとなんと、12.7Lで60kW/hのエネルギーが得られます。

120kW/hのエネルギーのためには、25.4Lのガソリンが必要なので、130円/Lのガソリンとして、3,302円が必要となります。

一方、東京電力の価格表によると120kW/h以下は、一番割安で、17.87円/kWhです。http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/menu/home/home02-j.html (実は、電気料金は120kWh、300kWhを境にして使えば使うほど「高く」なります。)
基本料金は、発電機の出力との兼ね合いで、30A以下になるので、819円です。
合計すると、120kWhの東京電力の料金は、17.87×120+819=2,963.4 円です。

というわけで、ガソリン代のほうが高いという結果になりました。が・・・

エネルギー量を360kWhで計算すると・・・
ガソリン: (360 kWh / 60 kWh) x 12.7 L x 130円 = 9,906 円
電気: 819 円(基本料) + 17.87円x120kWh +22.86円x(300-120)kWh + 24.13円x(360-300)kWh = 8,526 円

もう一声で540kWhにすると、
ガソリン: (540 kWh / 60 kWh) x 12.7 L x 130円 = 14,859 円
電気: 819 円(基本料) + 17.87円x120kWh +22.86円x(300-120)kWh + 24.13円x(540-300)kWh = 12,869.4 円

というわけで、どこまでいっても東京電力の方が単価が安いです。
ちなみにアメリカだと、電気代が3割安くてガソリン代が5割安いといわれていますので、微妙になりますね。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。