Skip to content

EV のバッテリー?

9月 16, 2010

このところ、「テスラ」という米国の電気自動車が話題になっています。(正しくはテスラモータース
トヨタ自動車の出資のニュースや恵比寿のウェスティンホテルで展示するなどの露出もさることながら、圧倒的なスビード性能や走行距離など中身もすごそうです。

加速性能は、停止状態から60mph(96km/h)まで3.7秒とか

走行距離は、最大300マイル(480km)ぐらいとか

テスラモータースについてのWikiペディアの記事はこちらです。

でもって、このテスラの搭載している2次電池(リチウムイオンバッテリー)がこれまたすごくて、パナソニック製の汎用「18650型リチウムイオンバッテリー」を使っているそうです。18650型はノートPCなど
に広くつかわれる「汎用」セルなので、絶対的に安いです。こちらのコラムによると、18650を使うと「1kWh当たり4万円」だということでバッテリー価格を三菱や日産のEVが採用しているものに比べて極端に安くできるようです。
ただし、EVで使用するためにはセルを単純に繋げばよいというものではないので、セルとしての18650を束ねて一つのバッテリーとして使うための技術・ノウハウを含めると汎用品を使って単純に安くなるというものではないと思います。
ちなみに、18650型には、3.6vと3.7vの電圧が存在しまた、容量も1600mAhから2400mAhあたりまでいろんなタイプが出ているようで、一体どんな規格なんだと悩んでしまいます。おそらく、大きさの規格で直径が18.3mm、長さが65.0mmのリチウムイオン電池は全部18650型と呼ぶのでしょう。
電池会社(中国?)のWebページをのぞいてみると、18650型で原料の違うものまであるのがわかります。
また、18650型は汎用品で価格は安いが充電可能な回数が少ないという指摘もありましたが、18650型と言いながら素材を代えて充電可能回数を高めている製品も出ているようですので、技術の進歩にすさまじさを感じます。

自動車メーカー モデル 重量 電圧 電力量 走行距離 電池メーカー
三菱自動車 iMiEV 1100kg 330V 16kWh 160km ユアサ
日産自動車 LEAF 未発表 345V 24kWh 160km NEC
テスラモータース MODEL S 1735kg 367V ? 76kWh ? 480km パナソニック

iMiEV http://www.ev-life.com/ http://lithiumenergy.jp/jp/
LEAF http://ev.nissan.co.jp/ http://www.eco-aesc.com/

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。