Skip to content

正しい科学知識を!

3月 15, 2011

先日の大地震から、福島原発の事故報道が続いているわけですが、東電の記者会見での記者の皆さんの行儀の悪さや、テレビでの不安をあおるような報道姿勢を見ていると、もしかすると、科学技術の基礎知識の欠如が原因となっているのではないか?と、ふと思うにいたりました。
もちろん、知識不足だけではないのだろうと思いますが、少なくとも高等教育を受けた方々、さらには理科系大学教育を受けた方々は、是非とも正しい科学知識を再確認し、ご自身で考え判断してほしいのです。そして、身の回りにいる方々に正しい基礎知識にのっとったご自身の考えを解説していただきたいと考えています。

放射線の影響

放射線医学総合研究所では、今回の福島原発で報道されている放射線量の影響を解説しています。この解説ページで使われている図は、放射線量とその影響について非常にわかりやすく書かれていると思います。すごく気に入ったので図をリンクしておきます。

また、用語についても端的に定義されているので以下に引用させていただきます。

放射線の単位

読み方 単位 意味
シーベルト Sv  人体が放射線を受けた時、その影響の度合いを測る物差しとして使われる単位。
ベクレル Bq  放射能を表す単位。1ベクレル(Bq)は、1秒間に1個の放射性核種が崩壊することである。
グレイ Gy  放射線が当たった物質が吸収した放射線のエネルギーで表される放射線量。1Gyは物質1kg当たりに1ジュール (J)のエネルギーが吸収されることを意味する。

(放射線医学総合研究所のこちらのページより引用作成。)

報道に使われている単位の意味

ここ数日でよく耳にするようになった、”Sv/h”は日本語で書くと「シーベルト毎時」になるかと思います。(専門用語だと「線量当量率」だそうです。)これは、xxSv/hの場所に1時間いるとxxシーベルトの線量を受けることを意味します。裏を返すと、その場に1分しかいなければ、1/60の線量しか受けないという意味ですね。
また、科学ではおなじみの、マイクロ や ミリ といった補助単位も多用されていますが、実はこの単位換算って意外と一般の方には意味不明なんですよね。
それをわかっていて、やさしい表現をしているのだとは思いますが、「xx百万マイクロ・シーベルト」などという面白い単位のボードで解説されているテレビ局もありましたね。

また、Svは累計で判断するための単位なので、安全基準としては、「一年間に受ける線量」とか「3ヶ月毎の線量」とかで基準を作っています。一方化学(ばけがく)的な影響からすると、同じ線量であっても、短時間に集中して浴びたのか長時間で緩慢的に浴びたのかでは結果が違ってきます。

いずれにしても、安全基準で決めている線量と短期的に人体に影響が及ぶ線量との間には非常に大きな差がありますので、安全基準を超えたからといって、すぐにどうこうというものではありません。

さらに、人体への影響ということになると、人間のような高等生物は「しきい値のあるシグモイド型」の生存率となり、一定の線量までは影響が出ないといっていい物です。(バクテリアのような単純生物は指数関数的にちょっとした線量でも影響が出ます。)

予断ですが、線量の強さという意味では、ここでは SvとGyは同じ値と考えてよいです。(専門家からするときっと乱暴ですが)

半減期

放射性物質の物質ごとに固有の一定の確率で崩壊が発生し、もともとの量の半分が確率的に崩壊する期間が半減期です。簡単に言うと、はじめ100個の放射性原子があってそのうちの50個が崩壊(放射線を出して安定化する)するまでの時間が半減期です。
原発の話題でよく登場するのは、ヨウ素131ですがこの物質の半減期は8.04日だそうです。一方もうひとつよく出てくる、セシウム137は半減期は30.0年とずいぶん長くなっています。

原発の基礎知識

@icoroさんが、ご自身のブログで「だからチェルノブイリとは違うって何度言えば分かるんだってばよ!原発についてまとめてみた」原発の基礎知識とチェルノブイリ、スリーマイル島の概要 が非常によくまとめています。是非みてみてください。
そして、後半に書かれている @icoroさん自信の意見についてもよく考えていただきたいと思います。

コメント

核物理学や原子力工学、放射線医学などの分野に関して私自身は素人です。以前(20年近く前)「放射線取り扱い主任者試験」を受験しようと勉強したことはあるものの、結局受験しなかった程度の錆付いた基礎知識しかありません。
それでも、自分の行動は自分自身で考えて結論付けようと心がけています。そして今回の原発事故については、報道されている放射線量の値は通常よりははるかに多いものですが、それが東京地方で直ちに問題となるものではないと、個人的に判断しています。
(だから今日も、子供と屋外で遊びました。)

<参考>
チェルノブイリ事故の際に日本で観測した放射性物質量
(出展: OECD/NEA CRPPH報告書)
  Cs134+Cs137: 0.41 Bq/m2 最大値 (平均 0.13 Bq/m2)
  131I(ヨウ素131): 3.8 Bq/m2 最大値 (平均1.2 Bq/m2)

<参考文献>
放射線概論 (通商産業研究社 発行)
チェルノブイリクライシス (竹書房)

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。