Skip to content

「走る」ISOコンテナデータセンタ 解禁

6月 8, 2011

お久しぶりです。
3.11以降いろいろと忙しくなり、なかなか文章を書く心のゆとりがありませんでした。とはいえ、本日はビッグニュースをお伝えしたくて眠い目をこすりながら書かせていただきます。

本日(2011/06/08)、幕張メッセで開催されるインターロップ東京2011にて、ISOコンテナデータセンタが日本フルハーフ社から展示発表されます。
実は、この展示については、日本フルハーフ社からこちらのようなプレスリリースが出ています。
さらに、NHKの「Bizスポ」も特集された(6月8日放送)ため、こちらのような案内が出ています。(2011/06/08以降はURLが移動するかも?)

このISOデータセンタの形態的な一番の特徴はISO規格のコンテナを日本で始めて使用したデータセンタであることです。海外では既にISO規格の40フィートコンテナを使ったDCが製造されていますが、Made in JAPAN では初めてです。また、機能的な特徴としては以下があげられます。

  • ISO規格のため、陸上(トレーラー)・海上(船舶)にて移動可能
  • アルミ&断熱素材を用いた高断熱効果のあるコンテナ(直射日光も平気)
  • 自然循環式熱交換器による間接外気冷却(サーバー室内の空気は密閉型)
  • 受電設備・空調設備を一つのコンテナ内に収容

いずれの機能をとっても(海外を含めて)かなり独創的なものです。
とはいえ、このようなICTインフラを異業種業界の日本フルハーフが単独で開発するのは困難で、企画段階からIPコア研究所が参画しています。また、クラウド・ビジネス・アライアンス(CBA) 技術コミッティーがバックエンドで仕様に対するアドバイスやら、宣伝やらを手伝ってきました。以下にCBAでのISOコンテナDCの過去の情報公開をご紹介します。

以上、ごくごく簡単な紹介でした。
ISOコンテナDCの詳細については、従来型DC建築とコンテナ型の比較を含め、後日改めて報告したいと思います。

広告

WHOが「日本は問題ない」と

3月 19, 2011

2011/3/11の地震の後、津波とそれに続く原発事故により、日本が世界から注目を受けています。外国政府および外国企業から公式・非公式に自国民に対して日本からの退去を促しているとも聞いていますが、その一番の原因は原発事故に対する「風評」らしいです。
そんな中、WHOから、「日本への渡航を制限しない!」という、渡航自粛と正反対の公式アナウンスが出ています。(アナウンスはこちら)
もちろん、地震と津波で直接被害を受けたエリアには旅行の自粛を呼びかけていますが、日本への渡航は「制限しない」といっています。

また、原発事故に関してもFAQの形で情報を掲載しており、このFAQについては、日本語のPDF版も公開されています。
この日本語FAQは、少々硬い日本語で書かれていますが、決して難しい内容ではありません。ポイントは以下の2点だと思います。

1.日本政府のもとめる20km圏内からの避難と、20-30km圏内の屋外退避を守ること。その外部ではリスクが低い。
2.ヨウ化カリウム剤は行政からの指示ががあってから摂取すること。(無闇に摂取すると副作用のリスクがある。)

放射線のモニタリング数値も各所で15日・16日のピーク以降順調に下がっており、今のままの状態であれば、年間1mSvという一般人の基準に届くこともないでしょう。
@kawasaki_18 さんによるグラフ化

とにかく、マスコミの扇動的な情報や、うわさばなしに惑わされることなく、冷静に・理性的に判断してください。

パニックは、すべてを盲目にしてしまいます。

正しい科学知識を!

3月 15, 2011

先日の大地震から、福島原発の事故報道が続いているわけですが、東電の記者会見での記者の皆さんの行儀の悪さや、テレビでの不安をあおるような報道姿勢を見ていると、もしかすると、科学技術の基礎知識の欠如が原因となっているのではないか?と、ふと思うにいたりました。
もちろん、知識不足だけではないのだろうと思いますが、少なくとも高等教育を受けた方々、さらには理科系大学教育を受けた方々は、是非とも正しい科学知識を再確認し、ご自身で考え判断してほしいのです。そして、身の回りにいる方々に正しい基礎知識にのっとったご自身の考えを解説していただきたいと考えています。

放射線の影響

放射線医学総合研究所では、今回の福島原発で報道されている放射線量の影響を解説しています。この解説ページで使われている図は、放射線量とその影響について非常にわかりやすく書かれていると思います。すごく気に入ったので図をリンクしておきます。

また、用語についても端的に定義されているので以下に引用させていただきます。

放射線の単位

読み方 単位 意味
シーベルト Sv  人体が放射線を受けた時、その影響の度合いを測る物差しとして使われる単位。
ベクレル Bq  放射能を表す単位。1ベクレル(Bq)は、1秒間に1個の放射性核種が崩壊することである。
グレイ Gy  放射線が当たった物質が吸収した放射線のエネルギーで表される放射線量。1Gyは物質1kg当たりに1ジュール (J)のエネルギーが吸収されることを意味する。

(放射線医学総合研究所のこちらのページより引用作成。)

報道に使われている単位の意味

ここ数日でよく耳にするようになった、”Sv/h”は日本語で書くと「シーベルト毎時」になるかと思います。(専門用語だと「線量当量率」だそうです。)これは、xxSv/hの場所に1時間いるとxxシーベルトの線量を受けることを意味します。裏を返すと、その場に1分しかいなければ、1/60の線量しか受けないという意味ですね。
また、科学ではおなじみの、マイクロ や ミリ といった補助単位も多用されていますが、実はこの単位換算って意外と一般の方には意味不明なんですよね。
それをわかっていて、やさしい表現をしているのだとは思いますが、「xx百万マイクロ・シーベルト」などという面白い単位のボードで解説されているテレビ局もありましたね。

また、Svは累計で判断するための単位なので、安全基準としては、「一年間に受ける線量」とか「3ヶ月毎の線量」とかで基準を作っています。一方化学(ばけがく)的な影響からすると、同じ線量であっても、短時間に集中して浴びたのか長時間で緩慢的に浴びたのかでは結果が違ってきます。

いずれにしても、安全基準で決めている線量と短期的に人体に影響が及ぶ線量との間には非常に大きな差がありますので、安全基準を超えたからといって、すぐにどうこうというものではありません。

さらに、人体への影響ということになると、人間のような高等生物は「しきい値のあるシグモイド型」の生存率となり、一定の線量までは影響が出ないといっていい物です。(バクテリアのような単純生物は指数関数的にちょっとした線量でも影響が出ます。)

予断ですが、線量の強さという意味では、ここでは SvとGyは同じ値と考えてよいです。(専門家からするときっと乱暴ですが)

半減期

放射性物質の物質ごとに固有の一定の確率で崩壊が発生し、もともとの量の半分が確率的に崩壊する期間が半減期です。簡単に言うと、はじめ100個の放射性原子があってそのうちの50個が崩壊(放射線を出して安定化する)するまでの時間が半減期です。
原発の話題でよく登場するのは、ヨウ素131ですがこの物質の半減期は8.04日だそうです。一方もうひとつよく出てくる、セシウム137は半減期は30.0年とずいぶん長くなっています。

原発の基礎知識

@icoroさんが、ご自身のブログで「だからチェルノブイリとは違うって何度言えば分かるんだってばよ!原発についてまとめてみた」原発の基礎知識とチェルノブイリ、スリーマイル島の概要 が非常によくまとめています。是非みてみてください。
そして、後半に書かれている @icoroさん自信の意見についてもよく考えていただきたいと思います。

コメント

核物理学や原子力工学、放射線医学などの分野に関して私自身は素人です。以前(20年近く前)「放射線取り扱い主任者試験」を受験しようと勉強したことはあるものの、結局受験しなかった程度の錆付いた基礎知識しかありません。
それでも、自分の行動は自分自身で考えて結論付けようと心がけています。そして今回の原発事故については、報道されている放射線量の値は通常よりははるかに多いものですが、それが東京地方で直ちに問題となるものではないと、個人的に判断しています。
(だから今日も、子供と屋外で遊びました。)

<参考>
チェルノブイリ事故の際に日本で観測した放射性物質量
(出展: OECD/NEA CRPPH報告書)
  Cs134+Cs137: 0.41 Bq/m2 最大値 (平均 0.13 Bq/m2)
  131I(ヨウ素131): 3.8 Bq/m2 最大値 (平均1.2 Bq/m2)

<参考文献>
放射線概論 (通商産業研究社 発行)
チェルノブイリクライシス (竹書房)

米国LTE事情

3月 2, 2011

なんだか用事が続いて公開が遅れてしまいましたが、米国でLTEがGPSに干渉するとかで懸念が示されたとのニュースを見て、少々米国のLTEのプレーヤーについて調べてみました。

ことの発端は、Twitterでこちらの記事 “US Air Force raises concerns over LightSquared’s LTE network messing with GPS” の存在を知ったことです。

- 米国「空軍」が「GPS」に対する「LTE」の干渉を懸念している。
ということらしいのですが、いったいぜんたい何のことだろう?
そもそも、「LightSquared」とは一体何だろう?

という疑問がわきました。
少々調べてみると、以下のことが分かりました。

LightSquared

米国内でのLTEサービスを「卸売」専門で販売するために作られた通信事業者 なんだそうです。
こちらのレポート「 LightSquaredのLTEプロジェクト:課題と機会 (GII 有償レポート)」のサマリーによると、

2010年7月20日、LightSquaredは2015年までに全米の92%をカバーするLTEネットワークの構築・運用・保守・管理を行う70億米ドルの契約を、NSNと結んだことを発表しました。

ということらしいです。(上記「全米の92%をカバー」は人口カバー率のことです。要、原文参照)

LightSquaredの面白いところは、以下の2点のようです。

・卸売り専業で、消費者へ直接サービス提供しない。
・拠点間は通信衛星でつなぐ

この衛星通信のために2011年10月にはカザフスタンから、自社の人工衛星を打ち上げたりもしてます。(詳細はこちら
そしてこの通信衛星を利用するのに使う周波数帯なのか端末サービス用の電波だかよくわからなかったのですが、GPS に隣接していて、これがGPSの信号受信を妨害することが分かっているとか。この記事( 米国内で GPS 干渉に関する対立 (By Sbd-Jp 2011 2月 14 02:47))によると、鉄塔周辺5.7km以内で、GPS受信に妨害が発生し、1km以内では、位置表示に誤りが生じるとか。勿論この周波数帯の利用はFCC(Federal Communications Commission )によって許可されているわけですが、FCCからも2011年6月までに対策するよう求められています。LightSquared側は何らかのフィルターによって技術的に解決可能といってるようです。

でもね、電波の干渉を受ける実態は「受信機」な訳ですから、最終的には全てのGPS受信機に、新しいフィルターを付けるってことですかね???
とても現実的とは思えませんが…

なお、LightSquaredはすでに複数の企業と卸売り契約をとっているとのことです。
またスプリントはLightSquaredに自社の余剰通信インフラを提供するといったら提案も出しているそうで、(スプリント、ライトスクェアードへのネットワーク提供を検討)何がなんだかわからなくなってきます。

と、公開をもたついている間に、新しいレポートがでました。こちらの内容は後でアップデートしようと思います。
LightSquared and the United States GPS Industry Council File Their First Joint Report to the Federal Communications Commission (FCC)
このプレスリリースは、FCCの求めに応じて、LightSquaredとGPSの業界団体が共同のレポート作成を開始したということでした。最終報告期限は2011/06/15なので、結構タイトなスケジュールですね。

FTTHって結構わからない?

2月 3, 2011

FTTH(Fiber to the Home)という言葉は、NTTの「Bフレッツ」の売り出しあたりで、かなりメジャーになった言葉だと思いますが、よーく考えるとあまりよくわかっていない単語の様な気がします。その上、FTTHに関連する言葉になると、これまたよくわからない。(と私は思ってました。)ということで少々調べてきたので以下に記します。

といいながら、実はこちらの「FTTH Council Asia-Pacific」の資料 にFTTH関連の用語定義がよくまとまっておるので、まずはこの資料から言葉の定義を抜粋します。

用語 説明
FTTH Fiber To The Home: 光ファイバーが家屋まで到達している。屋内配線は、光ケーブル、銅線、無線いずれでもよい。
FTTB Fiber To The Building: 光ファイバーが集合住宅や、オフィスビルまで到達している。屋内配線は光ファイバーか銅線で、FTTHの前段とみなされる。
Home Passed 通信キャリアのサービスエリア内で、FTTHが可能な潜在的な回線数。
Homes Connected FTTH/FTTBによって現実に接続されている実数。
Premises Subscriberの家屋やオフィス。複数の所帯が入っている集合住宅は1つのPermisesと数える。
Subscriber FTTH/Bで接続されたPermisesで、1つ以上の商用サービスを使っているもの

 

ここでわかりにくいのが、ニュースなどでよく書かれる(統計)数にはFTTHといっても”Home Passed”と”Home Connected”がある点です。海外のニュースで「ホームパスの数がxxx万を超えた!」というのがありますが、これはあくまでも通信キャリアのFTTHサービスエリア内にどれだけの所帯があるかという数で、所謂「取らぬ狸の・・・」です。例えば、こちらの「All-Fiber Networks Now Pass 20 Million North American Homes」という記事ですが、ここに書かれている 20M はまさに “Home Passed” の数値なのです。そしてこの記事の元ネタの資料をたどっていくと、”Home connected”の数は、6,452,300 となっており、これがFTTH普及数の実数といえるでしょう。別の言い方をすると、FTTHのサービスエリア内の所帯数が20M弱に対して実際にサービスを受けている所帯数は、6.5M程度である(約32%)ということです。ですので、FTTH関連の数を読むときには、それが可能性(Home Passed)の数値なのか、実際につながっている(Home Connected)の数なのかよーく見極める必要があるでしょう。

携帯電話の「4G」って?

1月 20, 2011

2010年12月にいよいよNTT DocomoからLTEサービスが開始されました。サービスのブランド名は「Xi」(クロッシィ)というそうで、これまでの「FOMAハイスピード」で使われてきたHSDPA、HSUPA方式よりさらに進んだ規格であるLTEの採用により、40Mbps弱のスピードを提供できるようになるそうです。(ドコモの公式サイトはこちら。)

LTEは今までずっと、3.9Gの通信方式と言われているのを聞いていたと思いますが、米国大手のVerizonはLTEサービスを「4G」とアナウンスしてますし、韓国の電機メーカーLGがデータ端末を「4G」といって販売していたりと、マーケティング用語としては、既に4Gが使われてきています。
  *VerizonのLTEサービスは、最大12Mbpsと何とも残念なパフォーマンスに思えます。
そんな中、3G、4Gを規定している当のITUからも、「LTEは実質的に4Gといっていいのではないか?」といった趣旨の発言がプレスリリースされました。

このようなわけで、これまで何とも中途半端な「3.9G」という表現を使っていたLTEですが、言葉のデファクトとして「4G」という表現になっていくのだろうかなあと感じています。

ところで、そもそも何でこのような言葉の混乱が起こったのかというと、分かりやすい言葉を使いたい通信キャリアやメーカーと標準化や定義にこだわるオーソリティーの間の時間感覚のずれが原因なのかなーと思い、以下少々ITUにおける3G、4Gの情報をまとめてみます。

先ず、携帯電話の通信方式は一般的には、「移動体通信」というカテゴリーに分類されていますが、この移動体通信の規格は様々なものがあります。その細かな解説はwikipediaなどをご覧ください。

3G、4Gという言葉の、「G」は英語の “Generation” の頭文字で、日本語にすると「第3世代」「第4世代」になります。そしてこのGを「定義しているのが、ITU(The International Telecommunication Union)という国際連合の機関です。このITUの中はさらにITU-T、ITU-R、ITU-Dという組織に分かれており、その中のITU-R (ITU Radiocommunication Sector)という組織が、無線によるコミュニケーション技術について担当しており、ここで2Gとか3Gとかのそれぞれの世代に求められる技術仕様を議論しているらしいです。ただし、最終的な標準仕様はITU-Tから勧告として公表されます。また、ICTに関わる「開発」部門はITU-Dとなっており、IMT-2000の情報はITU-Dの配下にも集まっている模様で、(たとえば3Gの簡単な定義はこちらのPDF。)ITU-RとITU-Dの役割分担が今一つ理解できていません。
(IMT-2000のホームページはこちらですが、ここはITU-Rの配下にあります。・・・)

 

 
この図は、ITU-DのIMT-2000情報サイトにあるのですが、この図をみると、2G→2.5G→3G→3.5G→3.9G という世代管理の変遷がよくわかると思います。
というか、たいていの方は、3.9Gという表現がなぜ必要なのか不思議に感じると思います。
とはいっても、現在でもITUのオフィシャルな見解としては、

3G: IMT-2000
  (ITU-Tの勧告では、Q.1700-1799はIMT-200に割り当てられており、Q.1701が全体説明)
4G: IMT-Advanced
  (ITU-Tの勧告では、Q.1704でIMT-Advancedのアーキテクチャにふれている。)

なんだそうです。ただ、IMT-Advancedは規定が策定中で、決定するのは更に一年後の2012年らしいです。
IMTという言葉も、International Mobile Telecommunications の略なわけですから、なるべく同じ方式が世界各国で使えるといいのになーとせつに願います。

ジャパン・クラウド・コンソーシアム(JCC)始動

12月 24, 2010

去る2010年12月22日(水)にジャパン・クラウド・コンソーシアム(JCC)の設立総会が開催され、正式に始動されました。

設立総会は、300人を超える参加者があり、非常に賑わった会となりました。

(オブザーバーとして、経産省と総務省が参加しています。)

JCCのWebページに既に掲載されていますが、設立総会の次第は以下の通りです。

ジャパン・クラウド・コンソーシアム設立総会

日時:平成22年12月22日(水)15:30~17:30
会場:経団連会館2F 経団連ホール

議事次第

1.開会
2.議事
(1) ジャパン・クラウド・コンソーシアムの設立ならびに規約について
(2) ジャパン・クラウド・コンソーシアム会長・副会長の選任等について
(3) 総務省・経済産業省ご挨拶
(4) ワーキンググループの設置について
(5) パネルディスカッション
3.閉会

また、同Webページには、設立総会で配布・投影された資料も公開されていますので、ご興味のある方は是非ともご参照ください。
今回の設立にあたって、144企業、24団体、6個人の合計174の申し込みがあり、今回の設立を受けて申し込みのあった方々は、はれてJCCの会員となりました。
会員の方々の一覧(個人を除く)は、こちらのWebページに掲載されています。
なお、上記会員一覧には幹事は掲載されていません。
発起人は、設立総会のなかで会長より幹事に指名され、会員の承認を受けましたので、予定通りすべて幹事となっています。
今後JCCは、各WGの活動を主に実施して、2011年末には各種の活動結果を取りまとめたうえで、2012年度の政府政策に対する政策提言を実施してゆくことになります。

会員種別 会員数
一般会員 企業 144 174
団体 24
個人 6
幹事 会長 1 25 (*)
副会長 4
企業・団体 18
有識者 3
199

*経団連は幹事団体かつ、副会長を選出しているため単純合計と合わない。

ジャパン・クラウド・コンソーシアム幹事

幹事
所属
青山 友紀
慶應義塾大学教授
阿多 親市
ソフトバンクBB株式会社 取締役専務執行役員 兼 CISO
石川 雄章
東京大学特任教授
宇治 則孝
日本電信電話株式会社 代表取締役副社長
宇陀 栄次
株式会社セールス・フォース・ドットコム 代表取締役社長
加治佐 俊一
マイクロソフトディベロップメント株式会社 代表取締役社長
兼 マイクロソフト株式会社 業務執行役員最高技術責任者
角  泰志
日本ユニシス株式会社 専務執行役員 ICTサービス部門長
河合 輝欣
特定非営利活動法人ASP・SaaSインダストリ
・コンソーシアム会長
佐相 秀幸
日本OSS推進フォーラム代表幹事
澤田 脩
ネットワンシステムズ株式会社 代表取締役会長
嶋谷 吉治
KDDI株式会社 取締役執行役員常務
真藤 豊
株式会社IDCフロンティア 代表取締役社長
末永 守
株式会社野村総合研究所 専務執行役員
徳田 英幸
慶應義塾大学教授
中村 彰二朗
日本オラクル株式会社 クラウドエバンジェリスト
OGC副代表幹事
中村 孝男
株式会社日立製作所 情報・通信システム社
事業執行役員CSO 兼 経営戦略室長
廣野 充俊
富士通株式会社 執行役員
宮原 秀夫
大阪大学名誉教授
三膳 孝通
株式会社インターネットイニシアティブ 常務取締役技術戦略担当
村井 純
慶應義塾大学教授
村田 正幸
大阪大学教授
毛利 隆重
日本電気株式会社 執行役員
山田 伸一
株式会社NTTデータ 代表取締役常務執行役員
吉崎 敏文
日本アイ・ビー・エム株式会社 執行役員
クラウド・コンピューティング事業担当
渡辺 捷昭
日本経済団体連合会 副会長・情報通信委員長